コンテンツマーケティングの運用は計画的に行うべき?その理由と内容

「コンテンツマーケティングやオウンドメディアを作ろう!」と社内で合意したはいいものの、「いつまでになにをやるか決められない…」「webサイトに一日1本ぐらいコンテンツを作ろうかな」という風に決まってしまった、というような運営担当者様も多いかもしれません。

コンテンツを媒介としたマーケティングやブランド構築は、かなり長期戦と考えたほうがよく、その運用は、“計画的”に行う必要があるのです。質の高いコンツンツを定期的に提供することができれば、結果として検索エンジンで上位に表示されることになるでしょう。ここでは、コンテンツを作る運用スケジュールの重要性に関して解説します。

 

運用スケジュールを作る

運用スケジュールを作る

コンテンツマーケティングの運用、またはSEO対策の観点からも、コンテンツは定期的に作成し配信していくことが重要になります。webサイトの中長期的な運用スケジュールを策定し、定期的かつ戦略的に配信していく体制をつくることを心がけましょう。

例えば扇風機のように季節性のある商品を取り扱っている場合は、同じコンテンツでも、ユーザーが検索するタイミングによって効果は変動します。そのため、ユーザーの心の動きやカスタマージャーニーも考慮してスケジュールを組まなければなりません。

また、社内イベントや季節、世間的な行事に合わせてブログなどのコンテンツや情報を配信することで、ユーザーの興味をひいたりマインドを高めたりすることが可能になるので、効果をさらに増幅させることができます。ですので、スケジュールに合わせてタイミングにふさわしいコンテンツを追加で作成していくのもよいでしょう。

ここからは、コンテンツの運用スケジュールを策定する際に着目しておくべきポイントなどについて解説していきます。

社内イベントから逆算する

社内イベントから逆算する

セールや新商品・サービスのリリース、展示会への出展など、社内イベントから逆算してスケジュールを組むことで、戦略的な配信を実現することができます。例えば、新商品のリリース2週間前からユーザーの不安に訴求するコンテンツで集客し、その後新商品のお知らせを行うことで、ニーズの高いユーザーを囲い込むことが可能になります。

展示会は出展前、出展中、出展後とコンテンツの配信内容を分けることで、展示会の集客とその後の成約率向上につながるでしょう。社内イベントは一通り洗い出して、コンテンツの配信タイミングを中長期的に検討していきましょう。

季節や行事に合わせる

季節や行事に合わせる

季節や気候によって売れ行きが変動する商品・サービスであれば、その季節に突入する前からコンテンツでアピールを始めておくべきです。直接的に商品・サービスを紹介するだけでなく、その時期ならではの不安や悩みを切り口にユーザーへ訴求していきます。

季節や気候によって売れ行きが変動しないという場合でも、そのタイミングに合わせた切り口のコンテンツを配信することで、ユーザーから興味を持ってもらえる確率が高まるはずです。

クリスマスやお正月、バレンタインといった世間的な行事に合わせたコンテンツも注目されやすいものです。とくにSNSとの親和性が高く、ユーザーの興味関心も高まっているタイミングなので、戦略的に活用していくべきだと言えるでしょう。

行事ごとのコンテンツを用意するのが大変だという場合は、内容的に違和感のないコンテンツへ誘導する形で、SNS上でのみ行事を意識した投稿をするのも一つの手です。

デファクトコミュニケーションズの[コンテンツマーケティングコンサルティング」はこちら

コンテンツカレンダーを作成する

コンテンツカレンダー

中長期的なコンテンツ運用のスケジュールが定まったら、具体的にカレンダーへ落とし込んで計画的に配信できるよう備えておきましょう。1人が担当する場合は多忙で配信を忘れるというミスを防げますし、複数人で運用している場合はカレンダー上で担当を明確にすることでスムーズな運用を実現できます。

カレンダーはエクセルで作成してもいいですし、Googleカレンダーのようなツールを用いても問題ありません。コンテンツの効果を最大化するためにも、計画にそって正しく配信していきましょう。

まとめ

コンテンツを活用したマーケティング、ブランド構築には、長い時間がかかります。マラソンのようなもので、安定的に、長く、かつタイミングを見計らって加速や減速をするように、事前の設計を重視した運用を心がけましょう。