コンテンツマーケティング会社に依頼するメリットとポイント/お勧めの会社もご紹介

握手を交わすスーツ姿の男性二人

マーケティング大国であるアメリカにおいて、従来のマーケティングが頭打ちとなり、新たなマーケティング手法が模索される中、コンテンツマーケティングが頭角を現してから10年以上が経過しました。その効果については、未だに色褪せることはなく、最早、マーケティングのスタンダードとして多くの大手企業にも取り入れられています。

翻って日本のビジネスシーンにおいても、アメリカに数年の遅れは見られますが、コンテンツマーケティングの効果を実感している企業は増え続けています。

ただ、成功を収めるまでの道のりは長く、戦略の立案からコンテンツの作成・公開、効果測定とコンテンツの修正など、それなりの知識とスキルを持っていないと素人にはいささか手に余るのは事実です。

また、ターゲットとするユーザーに対し、継続して有益なコンテンツを提供しなければならず、しっかりとした体制作りも欠かせません。

限られた資金と人的リソースという制約のある中小企業では、ことさら着手しづらいという側面があるのも否めません。

そこで、施策を実践するにあたり、上手に活用したいのがコンテンツマーケティング会社です。豊富な実績と知見を備えた会社の中から、自社の目的に相応しい企業を選び出すには、それなりの視点とコツが必要です。

今回は、コンテンツマーケティング会社に依頼するメリット、選定する上でのポイント、お薦めのコンテンツマーケティング会社5社をご紹介します。

コンテンツマーケティング会社へ依頼するメリット

コンテンツマーケティング会社へ依頼するメリット

先にも触れたように、コンテンツマーケティングはその効果については、誰もが認めるところですが、実践するには施策に対する深い理解と、相応の技術力が必要です。社内にそのような人材を抱える余裕があれば、それに越したことはありませんが、大手企業でもない限り、人員の確保には苦労が伴います。

従って、外部のプロにコストをかけて、足りないリソースを補う訳ですが、果たして支払った資金に見合う成果が見込めるのか、気になるところですね。では、外部のコンテンツマーケティング会社に仕事を依頼することで、どのような成果、いわばメリットが期待できるのか、見ておきましょう。

業務の効率化を図り、リソースを有効活用できる

コンテンツマーケティングを実施する際、オウンドメディアを運営してコンテンツを公開するには様々な行程が発生します。自社製品に関連したテーマで、ブログ型の記事を配信する場合、下記のような業務をこなさなければなりません。
検索キーワードの選定

コンテンツの企画立案

市場と競合の分析

コンテンツの作成

文章の校正・校閲とファクトチェック

広告やSNSを活用したメディア戦略の策定

アクセス分析と効果想定

社内に、コンテンツマーケティングのチームが構築されていれば、それぞれの業務を分業でこなすこともできます。ただ、本業との掛け持ちで業務をこなすのであれば、この行程数は素人の手には余ります。外部の業者に、コンテンツの作成や校正など、業務の一部でも依頼できれば、社内リソースを他の業務に振り分けることができます。文章の校閲・ファクトチェックなどの細かい作業や、専門知識が必要な分析業務は外部のプロに任せれば、社内の担当者は、全ての行程を俯瞰する、ディレクション的な業務に専念できるのです。

コンテンツの制作期間を短縮できる

コンテンツマーケティングを遂行する場合、実際はオウンドメディアを起ち上げ、運用担当者を決めて、コンテンツを公開していくことになります。

起ち上げ当初から、知識と実績を伴う人材を担当者に据えることができれば、言うことはありません。しかし実際には、コンテンツマーケティングの経験のない社員に、本業との掛け持ちで業務にあたらせるパターンが多いようです。

そうなると、自社のターゲットが求めるコンテンツの制作も、コンテンツ提供のための最適なチャネルの選択も、思い通りには進みません。

そこへ行くと、コンテンツマーケティング会社は、施策に精通し、経験も豊富なスタッフを揃えています。

コンテンツマーケティングは、自社がターゲットと定める顧客に有益なコンテンツを作成して提供し、見込み顧客=リードを多く獲得して、最終的には購買行動へと誘うマーケティング手法です。これはデメリットにも挙げられることですが、成果を実感できるまでには、それなりの時間を要します。

期待する効果を得るには、時間をかけてPDCAを小さく回しながら、コンテンツを微調整していく必要があります。外部のプロに業務の一部を委託することができれば、試行錯誤をショートカットして、「成功」という果実を最短距離で手にすることができるのです。

コンテンツマーケティング会社を選ぶ上でのポイント

コンテンツマーケティング会社を選ぶ上でのポイント

ここからは、実際にコンテンツマーケティング会社を選定する上で、気を付けておきたいポイントについて確認しておきましょう。

コンテンツマーケティング会社の制作体制を把握しておく

これから、御社が依頼を検討しているコンテンツマーケティング会社は、どれだけの制作体制を整えているか、きちんと把握されていますか。

コンテンツマーケティングを代行する企業は、案件ごとにクラウドソーシングで書き手を募る会社と、社内に専属のライターや専門家を抱えている会社と、2つに分類できます。

自社のオウンドメディアが運営されたばかりで、とにかく安価で大量の記事コンテンツの確保が急がれるなら前者でも十分ですが、記事の質はあまり期待できません。一方、後者であると、記事の質は担保されますが、記事単価は上がります。

どちらも、それなりに長所・短所がありますが、自社のコンテンツマーケティング施策の目的や状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

また、自社の取り扱う商材が、美容系のエステ商品や健康食品、医療器具、あるいは証券や生命保険などの金融商品などであれば、クラウドソーシングを利用した記事作成代行会社はお薦めしません。

もし記事の内容に、事実無根のデータが含まれていたとしたらどうでしょう。あるいは、薬機法(旧薬事法)や金融諸法などに抵触する表現が使用されていたとしたら、今後、どのようなトラブルに巻き込まれるか、知れたものではありません。

前述したように、社内に専門のライターを揃え、専門家に内容の監修を任せている会社は、記事の質はそれなりに担保されていますから、安心して業務を依頼することができるでしょう。もちろん、相応に費用はかさみますが、それは自社のコンテンツマーケティングを安定して実施する上で、最低限必要な「投資」と割り切るべきです。

成果物の具体的なイメージを共有する

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツは、テキストをベースにしたコラム型の記事、ホワイトペーパーやeブックなどのダウンロード型コンテンツ、動画・音声など様々な種類が存在します。

御社のビジネスがB to Cならば、これから依頼しようとしているコンテンツがコラム型の記事であれば、取り扱う商材に紐づけられたお役立ち的な内容が好ましいでしょう。もし、御社のビジネスがB to B であれば、専門家を納得させるだけの技術色の濃い文章が望ましいと言えます。

あまり専門用語を用いずに、軽く読める文章がいいのか、あるいは専門家が読むに堪えるほどの論理的で硬い文体か。コンテンツマーケティング会社の担当者との打ち合わせでは、共通した具体的なイメージを伝えることが大切です。

また、自社で思い描く成果物が、写真やイラストを多用したインフォグラフィック、eBookやホワイトペーパーなどのダウンロードコンテンツであれば、より具体的な仕上がり具合を伝える必要があります。さらに、動画・音声などであれば、なお一層、事前にイメージの綿密な刷り合わせが求められるのです。

担当者の経験・実績、コミュニケーション能力の有無の確認

コンテンツマーケティング会社に仕事を依頼しようとして、初めて連絡を入れると、最初に対応するのは、その会社の営業担当者です。実際にコンテンツの作成にあたるのは、ディレクターやライターなど、クリエイティブ関連の担当者ですが、クライアントと彼らとの橋渡し役は営業担当者の仕事です。

コンテンツの制作を頼む際、制作者の実力や実績はもちろんですが、営業担当者の持つ知識と経験によって、成果物の出来が左右されることもあるので、しっかりと見極めておきたいところです。

自社に、コンテンツマーケティングに明るい人間がいない場合、オウンドメディアで何をするべきか、判断に困る場合もあるかと思います。そのような時には、相手の営業担当者が豊富な実績とプロの視点から、的確なサジェスチョンを授けてくれることもあります。

そしてもう1つ、チェックしておきたいことは、営業担当者のコミュニケーション能力です。ただ、コミュニケーション能力が高いといっても、何も饒舌である必要はないのです。こちらの問いかけに対し、すぐに返答を返すレスポンスの速さと、依頼側の意向を汲んでくれる配慮があれば十分です。

営業担当者の中には、初めての顔合わせの場で、こちらの要望を聞いたのみで、あとはほとんど連絡をよこさない人間が多いものです。これは大抵の場合、営業担当者が案件を抱え過ぎて、クリエイティブ側との仲介役を満足に果たしていないケースです。このような状況では決まって、こちらの意図とはかけ離れた成果物が仕上がってくることが多いようです。

一旦、コンテンツの制作が開始されたら、営業担当者には頻繁に進捗を尋ねるようにしてください。それでも、連絡を怠るような担当者であれば、誠実さに欠けると言わざるを得ません。

SLAの有無を確認しておく

SLAとは、Service Level Agreement の頭文字を取ったもので、日本語では、「サービス品質保証」と訳されています。

これは、仕事の依頼側とサービス提供側との間で交わされる契約で、定義や範囲、内容、達成目標などのサービスレベルに関する合意水準が、厳密に定められています。利用者に対して、サービス提供業者がどの程度、品質保証できるかを表す指標とみなされています。

SLAはクラウドサービスや、レンタルサーバーを扱う業者がよく用いる品質保証の概念です。事前に、提供するサービスの定義や保証項目を定め、サービスの品質がSLAの保証値に達しない場合、利用者側は利用料金の減額を請求できることになっています。

ただ、この場合の減額は、利用料金を上限にしているケースが多く、サービスが適切に提供されないことで発生する、本来享受できるはずだった利益の損失分は含まれていません。事前に定められている保証項目は、定量的に計測可能なものに限られているためです。

コンテンツマーケティング会社を選ぶ上で、サービスが安定して供給されるか否か、判定する指標の一つとなるので、チェック項目には是非、盛り込んでおくことをお薦めします。

お薦めのコンテンツマーケティング会社

お薦めのコンテンツマーケティング会社

一言でコンテンツマーケティング会社といっても、専門とする領域は多岐に渡ります。専門ライターを揃え、コラム記事型コンテンツの作成に特化した会社や、企画立案から競合分析、SEO対策、アクセス解析、効果測定まで、トータルでサポートするコンサルティング会社など、多種多様です。

従って、どの会社に業務を依頼するかは、自社がコンテンツマーケティングに期待する成果、つまりは施策の目的により異なります。

この項では、大手から小中規模まで、お薦めのコンテンツマーケティング会社を幾つかご紹介します。テキストベースの記事や動画コンテンツの作成を専門とする会社、戦略を含めてトータルでのコンサルティングを請け負う会社など、得意とする分野はそれぞれです。

「トータルサポートを期待したい」なら、株式会社innova (イノーバ)

「トータルサポートを期待したい」なら、株式会社innova (イノーバ)

イノーバは、コンテンツマーケティングの企画、制作、運営までを手がける大手コンテンツマーケティング会社です。B to Bビジネスにおけるマーケティングサービスの提供が専門分野であり、戦略立案・計画策定、各種のコンテンツ作成など、クライアントに寄り添った、中長期に渡る支援をモットーに掲げています。

同社には、B to Bマーケティングに関する戦略立案、自社に相応しい仕組みの構築方法、正しい目標設定の方法など、クライアントから様々な要望が突き付けられており、同社はその解答として、「伴走型サービス」を提唱しています。サイトへの集客からリード創出、リード育成、製品・サービスの購入に至るまでの全てのプロセスを、同社がワンストップで提供するものです。

コンテンツ制作においても、500社以上の実績を誇り、SEO対策記事、インタビュー、メールマガジン作成など、B to Bマーケティングには不可欠なコンテンツを同社のみで作成しています。

また、戦略策定においては、クライアントのペルソナ設定や、カスタマージャーニーの設計、競合調査・分析、ROIシミュレーションなど、顧客理解のための示唆に富んだサービスを心掛けています。

同社では、「効果重視のWEBサイト制作サービス」が最大の強みであり、クライアントに対しては、サイトへの集客から販売機会の創出まで、一貫した仕組み作りを提案しています。

【基本データ】
会社名:株式会社innova
サイトURL:https://innova-jp.com/
本社所在地:東京都新宿区市谷船河原町9-1 NBCアネックス市谷ビル7階
設立:2011年6月
資本金:1億円

「とにかくコンテンツを強化したい」なら、株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲート

ウィルゲートは、コンテンツ制作を専門とする大手コンテンツマーケティング会社です。2006年の創業以来、SEO対応の提案を主な事業に据え、WEBサイトへの集客を念頭に置いたコンサルティング、サイト設計、コンテンツの流通チャネルの選定に至るまで、WEBマーケティングに関する全領域をカバーしています。累計にして4,700社以上に及ぶ、企業のWEBマーケティングの支援を行ってきた実績を誇っています。

創業から15年間培ったノウハウを駆使し、SEOの戦略立案から実行支援まで、一気通貫でのサービス提供を行っています。SEO専門チームが、最新の施策やアルゴリズムを分析し、検索エンジンを介しての上位表示、サイトへの自然流入増加を実現します。

コンテンツ制作においては、自社サイトの施策にマッチしたキーワードの選定にはじまり、良質な記事を継続して作成するためのコンテンツ作成プラットフォーム「エディトリアル」や「サーグーワークス」を運営し、クライアントに最適なコンテンツの提供に努めています。ほかにも、SEOを十分に意識した記事の執筆に力を入れています。

ただ、単にSEO対策を施して自然流入を増やしても、期待する効果に繋がらなければ意味がありません。同社は、サイトへの訪問者を離脱させないためのサイト設計など、コンバージョン率をアップさせるためのコンサルティングも行っています。

また将来的に、SEO対策を含めたオウンドメディア運営を、社内で内製化したいというクライアント向けに、SEO研修プランも用意しています。

【基本データ】
会社名:株式会社ウィルゲート
URL:https://www.willgate.co.jp/
本社所在地:東京都港区南青山3-8-38 南青山東急ビル3F
設立:2006年6月
資本金:6,000万円

「データ分析・調査や運用までサポートして欲しい」なら、ナイル株式会社

ナイル株式会社

ナイルは、デジタルマーケティング事業、メディアテクノロジー事業、自動車産業DX事業などを手掛けており、中でも、コンテンツマーケティング会社としては、コンテンツマーケティング支援の豊富な実績を誇っています。

同社では、実践的な戦略思考力と実行力により、成果の追求を徹底しています。マーケティングの全体的な戦略イメージを描きながら、SEO・コンテンツ制作・データ解析と各ソリューションの専門家を揃えています。トータルでの戦略を個々の戦術に落とし込む専門家集団を抱えることで、成果の実現に繋げているのです。

徹底した調査・分析のもと、企画の立案からコンテンツ制作、施策の実施に至るまで、一貫したサポート体制には定評があります。

依頼する企業の競合調査、ポジショニングマップの作成や戦略立案により、効果的なマーケティング手法の提案を行っています。

例えば、競合調査では、競合のWEBメディアを調べ、自社が競合社に勝る点、劣る点を調べ上げます。その結果を活かして、競合との差別ポイントとしての流入キーワードを探り出します。競合調査の結果を踏まえてポジショニングを行い、戦略の方向性を打ち出していくのです。

また、ユーザー調査では、定量データだけではなく、ユーザーヒアリングによる定性データの収集にも注力しています。定量・定性の両者のデータバランスを見て、ペルソナを設定しています。

コンテンツマーケティングで狙った効果を上げるには、長期的なスパンでのコンテンツ作成・発信が可能な体勢作りが必須となります。高品質なコンテンツを継続して提供するために、堅固な組織体制の構築も支援も行っています。経験豊富な編集者、クリエーターが在籍し、コンテンツ作成にあたっています。

さらには、作成・公開したコンテンツを最適化するために、徹底した効果測定を行っています。CV貢献調査や検索結果順位、滞在時間など、あらゆる角度から、コンテンツの精度を上げる努力を惜しみません。

【基本データ】
社名:ナイル株式会社
URL:https://cont-hub.com/
本社所在地:東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F
設立:2007年1月
資本金:3,674,556,838円(資本準備金含む)

「SNSマーケティングを強化したい」なら、サムライト株式会社

サムライト株式会社

サムライトは、コンテンツマーケティング支援会社として、クライアントの目標達成のため、あらゆるメディアを駆使します。ことに、SNSを活用したマーケティングにおいては定評があり、豊富な実績を誇ります。

InstagramやLINE、TikTok、Facebook、TwitterなどのSNSアカウントの運営を得意領域としています。コンセプトやターゲット、KGI/KPIの設定、運用プランやポリシーを明確化し、整理。企画・投稿・コメントなど、事前に定めたフローに沿ってアカウントの運用を行っています。その上で、アカウントの状況を定期的に分析し、改善点や改善策の提案をしています。

SNSに投稿するコンテンツ向けに、静止画や動画の素材選びから制作にまで関与します。また、SNSでは、インフルエンサーの起用や広告とのコラボレーションにより、キャンペーンを企画し、実施するまでの支援も行っています。

同社では、これらのアーンドメディア運用と同様に、Web広告などのペイドメディアの運用も手掛けています。さらには、オウンドメディア運用も加えることで、トリプルメディア戦略を実践。クライアントのコンテンツマーケティングの効果を、最大化する提案を常に心がけています。

【基本データ】
社名:サムライト株式会社
URL:https://somewrite.com/
本社所在地:東京都渋谷区代々木3-57-6 グランフォーレB1
設立:2013年9月
資本金:9,500万円(朝日新聞100%出資)

「コンサルティングにおける徹底したサポートを望む」なら、株式会社 才流(サイル)

株式会社 才流(サイル)

才流はB to B ビジネスにおけるマーケティングに特化した、マーケティングコンサルティング企業です。

同社では早くから、B to B企業の営業、及びマーケティングにおける課題に着目し、オフラインによる施策の限界を指摘していました。見込み顧客の獲得から、リードナーチャリング、営業・受注までを見据えたオンライン化施策を提案しています。

クライアントの事業、顧客、競合調査・分析を通して、精度の高い意思決定、施策実行に繋がる提案を行っています。

クライアントの事業理解においては、ビジネス概要からターゲット顧客、目標地点、現状での営業施策や過去の実績など、社内に点在するデータを集約して把握。販売プロセスを定量化して、一括管理します。その上で、Google Analyticsなどの解析ツールを用いたデータや、広告アカウントデータをもとに、クライアントの抱える課題をあぶり出し、改善策を提出します。

顧客理解の段階では、クライアントの営業担当者に同行するか、営業ロールプレイを通して、課題や取扱い商品の特徴を把握。他社商品を含め、見込み顧客へのインタビューを実施して、クライントがターゲットに据える顧客の理解を深めていきます。過去の受注企業や、失注企業を定量的に分析し、マーケティングチャネルの選定や、顧客に届くメッセージの作成に反映させています。

加えて競合理解においては、競合社のサイトやSNS情報を徹底的に調査。発信しているメッセージやコンテンツを把握し、競合のプロモーション活動を調査・分析。競合のどのような施策が、効果を発揮しているかを明確にします。競合商品の導入事例や、コンテンツ事例を調べ、商品の特徴や強み、顧客の購買行動プロセスを理解していきます。

あらゆる業種・業態のB to B企業を支援してきた実績から、これまでに培った知見や実績を、同社独自のフレームワークやチェックリストに反映させ、精度の高いコンサルティングを実現しました。

【基本データ】
会社名:株式会社 才流
URL:https://sairu.co.jp/service
本社所在地:東京都千代田区平河町2丁目5-3 Nagatacho GriD
設立:2016年7月
資本金:1,250万円

まとめ:自社のコンテンツマーケティングの目的を明らかにし、最大の成果をもたらす会社を選ぼう

自社のコンテンツマーケティングの目的を明らかにし、最大の成果をもたらす会社を選ぼう

今回は、コンテンツマーケティングを支援する企業を取り上げ、コンテンツマーケティング会社に依頼するメリット、仕事を頼む際のポイント、お薦めのコンテンツマーケティング会社を幾つか、ご紹介しました。

コンテンツマーケティング会社に作業を依頼するメリットとしては、業務の効率化を図り、限られたリソースを有効活用できることです。また、施策に精通し、経験豊富なスタッフを揃えているため、素人が試行錯誤して無駄に時間を浪費することなく、最短距離で施策の成果を手にすることが可能です。

コンテンツマーケティング会社を選ぶ上で、押さえておくポイントは3つ。1つは、依頼先の会社の体制を把握しておくこと。もう1つは、依頼先企業の担当者と、成果物のイメージを共有しておくこと。今1つは、自社との折衝を担う担当者の経歴と実績、コミュニケーション能力の有無を見極めておくことです。

この稿では、お薦めのコンテンツマーケティング会社を5つ、ご紹介しました。
資本金や従業員数などの企業規模、得意とするサービス内容など様々です。一概にランキング表示できるものでもなく、自社のコンテンツマーケティング施策の目的を明確にし、効果を最大化してくれる業者はどこか、慎重に見定めることが重要です。

総合コンテンツ制作会社である弊社には、コンテンツ制作および、SNSを介してのアプローチ方法など、コンテンツマーケティングの効果を最大化させるスキルと知見を有した人材が、多数在籍しております。
お客様のニーズに対応し、最適なコンテンツの作成、オウンドメディアの運営支援を行います。
お気軽に、お問い合わせください。
株式会社デファクトコミュニケーションズ
コンテンツ制作サービス
https://defacto-com.net/service/contents/

SNSコンテンツ
https://defacto-com.net/service/contents/sns-contents/

コンテンツ制作お役立ち資料
無料ダウンロード

業界別のお役立ち情報、
各種フレームワーク集などをご用意しました。

資料ダウンロード 無料ダウンロードはこちら
大庭隆之
大学卒業後、新聞社に勤務。企業へのインタビュー記事作成業務を経たのち、広告制作会社に勤務。退社後は、フリーランスのライターとして活動中。得意分野は、ビジネス、マーケティング、各種マーケットリサーチなど。
コンテンツマーケティングを成功に導く3つのステップ