不動産業にコンテンツマーケティングは必須!成功事例4選をご紹介


IT技術の急激な進歩と浸透、また新たなビジネスモデルの登場により、どの業界でも新しい事業運営が求められるようになりました。不動産業も決して例外ではありません。社会の変化から目を背けていては、継続的に利益を上げ、事業を拡大していくことはできないでしょう。
集客への布石として、コンテンツマーケティング施策を検討している企業も多いのではないでしょうか。不動産会社が消費者に提供できる情報は幅広く、豊富にあります。一方で、顧客からの視点を失わずに信頼性を高めていけるコンテンツを発信しなければ、サイトを開設しても逆効果となりかねません。
ここでは、不動産業とコンテンツマーケティングの関係性を見ながら、顧客に求められるコンテンツとは何かを解説していきます。

不動産業とコンテンツマーケティング


コンテンツマーケティングとは、自社サイトにおいてユーザー(消費者)に有益な情報を提供し、潜在ニーズを掘り起こして購買意欲を高め、契約につなげるマーケティング手法です。不動産業は、コンテンツマーケティングとの親和性が高く、集客や顧客開拓に活用しやすい業種といえるでしょう。
なぜなら、不動産に関する知識を求める消費者は層が厚く、また知りたい内容も多岐にわたるからです。例えば、書籍だけでは不足しがちな経験談や、体験談を希望している人も多いのでないでしょうか。
不動産会社は、取引上のさまざまな経験が蓄積されているため、各社が豊富な情報を保有しているはずです。不動産に関してユーザーが求めている疑問への回答や、ユーザーが情報を推測しやすいサイトコンテンツを定めることは、それほど難しくないでしょう。
不動産会社がコンテンツマーケティングを実施するメリットは、たくさんあります。一般的な広告施策よりも低コストで済み、継続的な戦略として活用することが可能です。良質なコンテンツを提供し続ければ、信頼性の獲得につながり、BtoCだけではなくBtoB事業でも効果を期待できます。
インターネットの特性から、地域にとらわれることなく事業展開を拡大するきっかけを得られるかもしれません。さらに、SNSと連動させるなど、情報拡散・認知度向上のための手段も得られます。
コンテンツが蓄積していくにつれて、それ自体が会社の資産となっていくでしょう。住まい・暮らしに関する情報は、無限にあるため、ネタが尽きることはありません。サイトのユーザーとなる消費者から、常に求められる存在へと育てることが可能です。

不動産業で求められるサイトコンテンツとは

コンテンツマーケティングが不動産会社の集客戦略に向いていても、やり方を間違えると成果につながらず、徒労に終わる恐れもあります。では、不動産業で求められるサイトコンテンツのポイントとは、何でしょうか。
第一のポイントは、潜在する顧客との良好な関係構築を常に意識してコンテンツを作成することです。消費者が不動産会社のサイトを見るのは、家に関して何か知りたい情報があるからです。せっかく訪問した顧客候補を逃してしまうようなサイトでは意味がありません。
そのため、常に消費者目線で考えて、専門用語の羅列にならないように留意しましょう。記事内容によっては、法律や建築方法に関する聞き慣れない用語が必要な場合もありますが、できる限りかみ砕いて素人が理解しやすい工夫をしていきます。
人気のあるサイトの多くは、悩みや疑問解決に結び付く、役立つ情報を提供しているのが一般的です。不動産会社に置き換えた場合には、例えば以下のようなコンテンツが興味を引くことが期待できます。
・地元密着で周辺情報を網羅する
・引っ越し関連の情報やノウハウ
・物件選びのコツ
・物件の見方
・契約書の読み方など
他にも、建築素材の種類や、部屋の日当たりに関する知識、リフォームの時期など、不動産に関係する情報はいくらでもあります。こうした情報を読みやすくカテゴリ分けしながら、質の良いコンテンツとして提供し、記事数を充実させていきましょう。
Googleなどの検索サイトで上位に表示させるためには、サイトの信頼性や、コンテンツの充実が欠かせない要素です。さらに、キーワードの散りばめ方や、シンプルなサイト構造といったSEO対策を強化することで、自社サイトへの流入量を増やし、集客力を高めることが期待できます。

不動産業界におけるコンテンツマーケティング成功事例

コンテンツマーケティングに成功している不動産関連のサイトを4つ紹介していきます。

・株式会社リクルートホールディングス/SUUMOジャーナル

「まだ見ぬ暮らしをみつけよう 」をコンセプトに、コラムや不動産関連のニュースを主体としたコンテンツを提供。「買う」「借りる」「リフォーム・内装」「街・地域」「マネーと制度」「調査ランキング」「住まいの雑学」「これからの住まい・暮らし」といったカテゴリで分類された記事は、まさに暮らしを取り巻くほぼすべての分野を網羅しています。
「テレワーク」という一つのテーマでも半育休や地方暮らしなど、さまざまな視点からの情報を提供。マネー関連・制度といった、ぜひ取り入れたいコンテンツについても参考にできるサイトです。

・株式会社マンションマーケット/マンションサプリ

マンション売却・査定などの事業を行っている株式会社マンションマーケット。目を引くのは、エリア別の「マンション価格相場ランキング」ですが、路線区の価格上昇の理由や沿線でもっとも人気の駅など、興味深い情報が満載です。
気になるマンションの探訪記から、話題の雑貨店紹介や、DK別間取りとインテリアの関係、不動産投資のトレンドまで、他の不動産関連サイトとは少し異なった視点の記事を提供しており、独自路線のコンテンツの作風が感じられます。

・株式会社ひつじインキュベーション・スクエア/ひつじ不動産

「シェアハウス探しの専門メディア」と銘打った本サイトには、シェアハウス初心者から新しい物件を検討している人まで、参考になる情報が豊富に提供されています。ちょうど良い距離感を持つシェアハウスの魅力や、ファミリー向けなど、新しい暮らし方の提案が盛りだくさんです。
なかでも、各所にあるシェアハウス探訪記は、クリアな写真とともに思わず「住んでみたい!」と感じさせる仕上がりです。全国各地のシェアハウスが検索でき、ポータル的な役割も果たしています。

・株式会社LIFULL/LIFULL HOME’S住まいのお役立ち情

「住まい探しをもっとラクに楽しく!」のコンセプト通り、気楽に住まいに関する記事を楽しめるサイトです。一般的な物件購入に関わる記事から購入後の暮らしやお金、不動産の個人売買ノウハウ、空き家物件関連の法律など、ちょっと気になる疑問が解決できます。
すっきりとしたレイアウトはとても見やすく、キーワード検索で記事を探すことも可能。一人暮らしの必需品から一戸建て購入費用の相場まで、幅広い層へのアプローチが期待できるサイトづくりへの参考となりそうです。

情報提供から集客へ

コンテンツマーケティングは、いわば「ごり押し」をしないで売り込む手法です。ユーザーにとって欲しい情報を提供しながら、サイトのファンとなってもらい、商品やサービスへの興味を誘います。良質な情報を提供し続けることは重要ですが、最終的に集客へつなげるのが目的であることを忘れてはなりません。
サイトを充実させることばかりに目が行きすぎると、マーケティングがぬけ落ちて、ただのコンテンツ屋となってしまいます。最終的な成果を得るためには、情報提供から集客への流れをどのように作るのか、自社なりの戦略を考えることが必要です。
自社の得意分野、蓄積したノウハウや情報などから、「どのような魅力あるコンテンツが打ち出せるか」「どうやって事業としての成果となる訴求へと結びつけられるのか」といった大きな指針を見つけましょう。

顧客視点でサイトの見直しを図る

 すでにサイトがある場合もこれから新規で作り上げる場合も、常に顧客視点に立つことが大切です。どんなに情報量が多くデザイン性の高いコンテンツを作っても、顧客が興味を持たないようでは、コンテンツマーケティングにおける価値はありません。
顧客が何を求めているのか、顧客視点で見やすいサイトになっているのか、有益な情報を提供できているのかなど、「顧客」の目線で考えていきましょう。
情報量も多すぎれば良いというわけではありません。必要な情報をわかりやすく簡潔に載せていくことが大切です。またPCだけではなく、スマートフォンでの表示も意識して読みやすいデザインを考えましょう。

情報へのニーズをつかんで顧客化のカギとする

不動産業界とコンテンツマーケティングは非常に相性が良いといわれています。成功事例は数多くありますが、それだけに競合他社も同じ手法を採用する可能性も高くなってしまいます。
競争を勝ち抜くためには、ポイントを押さえたコンテンツの提供が大切です。自社の強みを見極め、顧客ニーズと自社の最終的な目的にマッチする精度の高いコンテンツを作っていきましょう。成功事例を参考にしつつ、自社ならではの強みを生かしたサイト作りをしていきましょう。

デファクトコミュニケーションズでは年間1万2000本を超える制作実績のもと、専属ライターや各種有資格者による執筆や監修を実施。
お客様の「したい」を形にします。
各種新規事業、医療、美容、金融、法務や税務など、コンテンツ制作にお悩みの際はぜひご相談ください。